カードローンキャッシングで使われる用語-総量規制について

総量規制とは

キャッシングサービスによく記載されている文言に「総量規制」とものがあります。
総量規制は法的にキャッシングローンなど個人の借入額に制限を設ける仕組みで、この限度額を超えて貸金業者が個人に融資することはできません。

 

それではその限度額はどのように設定されるのでしょうか?

 

貸金業法(2010年6月18にすべての規定が施行)で定められる総量規制は、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されるということになっています。

 

つまり既にカードローンを使って年収の3分の1まで借入を行っている状態で、新しく他社でカードローンの契約をすることはできません。

 

消費者金融および信販会社が発行するカードローンは貸金業法における総量規制の対象となります。
例えば年収300万円の方であれば、 貸金業者から100万円までしか借りることができません。
たとえ連帯保証人がいたとしても、自分の年収の3分の1を超える借入れはできません。

 

※一部除外または例外となる借入れもあります。
例)個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。
また、クレジットカードを使ったショッピングは、貸金業法の規制の対象外となりますので、年収の3分の1を超える借入れがある場合でも、クレジットカードで買い物をすることはできます。
住宅ローンの残高についても総量規制対象に含まれません。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外

総量規制は、貸金業者からの借入れを対象としているので、銀行法が適用される銀行からの借入れは総量規制の対象外となります。
従って消費者金融の借入れと銀行等からの借入れを合わせた結果、借入残高が年収の3分の1を超えていても、総量規制には抵触しません。

 

日本貸金業協会
総量規制とは | 貸金業法について

総量規制関連エントリー

貸金業者・貸金業法
カードローン・キャッシング用語(貸金業者・貸金業法)
金利
カードローンキャッシング用語-金利について解説します。
ネットキャッシング
カードローン・キャッシング用語-ネットキャッシングについて
個人信用情報
カードローン・キャッシング用語-個人信用情報について解説します。
遅延損害金
カードローン・キャッシング用語-遅延損害金について解説します。
返済方式
カードローン・キャッシング用語-返済方式について解説します。