個人信用情報について

信用情報は、ローンやクレジットなどの信用取引に関する契約内容や返済、支払状況、利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
個人の信用情報は、個人信用情報機関によって管理されています。

 

利用者に対して無理な貸付けや借入れを防ぐため、利用者の借入れ履歴、借入れ残高、事故情報等は個人信用情報機関を通して各社が共有します。

 

国内の個人信用情報機関

・株式会社シー・アイ・シー
・全国信用情報センター連合会
・全国銀行個人信用情報センター
などがあり、クレジットカード会社、消費者金融業者、銀行などの金融機関が、会員として加盟しています。

 

上記の個人信用情報機関は、個人の借入返済における事故情報をCRIN(Credit Information Network:クリン)というシステムで相互利用しています。
つまり、個人の事故情報は、どの個人情報機関の加盟会員であっても照会できる仕組みになっています。

 

個人信用情報機関に情報を登録された個人は、自分の登録内容について開示請求することができます。
※思想・趣味などのセンシティブな個人情報は、信用情報に含まれません。
個人情報保護法で許容される範囲を超えて複数の業者で情報が共有されることはありませんのでご安心下さい。 
また個人情報保護法等において個人の返済能力・支払能力の調査以外の目的に使用することは禁止されています。