金利とは

キャッシングローンなどをご利用になる場合、借入れした元金にかかる利息を割合(%)で示したものです。
金利表示によって、元本の大きさに関係なく支払う利息の大きさが判断しやすくなります。
また、1年間の割合で示される金利を年利と言います。

 

金利は、キャッシングを申し込む際には注意すべき指標の一つです。

 

金利計算式
借入残高×実質年率÷年間日数(365日)×借入期間(日数)=利息
※うるう年の場合は年間日数が366日になります。
※借入を行う場合、金利が低ければ支払う利息も少なくなります。

 

金利計算式を使っていちいち金利を計算するのは面倒ですが、金利計算や返済シュミレーションができるキャッシングサービスを利用すれば簡単に確認できます。

 

繰り上げ返済について

通常の返済プランよりも前倒しで返済することを繰り上げ返済と言います。
多くのカードローンのサービスで繰り上げ返済が可能です。
金利は未払いの元本に掛かるので、繰り上げ返済を行って元本を小さくすれば、支払う利息を少なくすることができます。

 

したがってってカードローンで借入れた後、資金にゆとりができた場合は繰り上げ返済を行えば、返済総額を減らすことができます。

 

違法金利に注意

平成22年6月18日に施行された貸金業法により、新たな借り入れの上限金利は実質年率20%以下になりました。
したがって現在は貸金業者から借入れを行う場合、実質年率20%を超える金利は違法になります。

 

ヤミ金業者に注意
中には「ヤミ金」とよばれる、法外な利息の請求する悪質な業者も存在するのでご注意下さい。
聞き覚えのない業者の場合は業者名と登録番号を確認して、地域の財務局または都道府県知事の登録を受けているか確認しましょう。
金融庁「登録貸金業者情報検索サービス」