カードローン・キャッシング用語-遅延損害金について解説します。

遅延損害金とは|キャッシングローン

キャッシングローンなどの利用者が期限の利益を喪失をした場合、喪失した日の翌日から債務の残高に対して発生する金額です。

 

期限の利益の喪失とは
キャッシングローン等の利用者が返済期日に返済をしなかったとき、その支払を書面などで請求されても、通達された期間に支払われなかった場合等の理由により、分割返済ができる利用者の権利(期限の利益)が失われることを「期限の利益の喪失」といいます。

 

キャッシングローン利用者が返済期日の約束を守らなかった場合(期限の利益の喪失をした場合)、利用者は債務不履行となり、キャシングローン会社から損害賠償を請求されます。
その損害賠償を遅延損害金と呼んでいます。

 

遅延損害金の年率は、あらかじめカードローンの貸付条件等で決められていて、事前に確認することができます。

 

返済が遅れそうな場合は
もしも返済が滞りそうな場合は、借入れを行なったカードローンのサービス会社へ返済が遅れることを前もって連絡しましょう。
カードローン各社の相談窓口へ相談すれば、返済プランの見直し等のアドバイスを受けることができます。

 

遅延損害金の計算式

残高×遅延損害金年率÷365日×喪失日の翌日からの経過日数
※遅延損害金の年率は借入時の年利より、高く設定されている場合が殆どです。
※利息制限法では、遅延損害金にも制限が設定されています。(賠償額の元本に対する割合が制限利率の1.46倍まで)

 

 

遅延損害金関連エントリー

貸金業者・貸金業法
カードローン・キャッシング用語(貸金業者・貸金業法)
金利
カードローンキャッシング用語-金利について解説します。
ネットキャッシング
カードローン・キャッシング用語-ネットキャッシングについて
総量規制
カードローンキャッシングで使われる用語-総量規制について
個人信用情報
カードローン・キャッシング用語-個人信用情報について解説します。
返済方式
カードローン・キャッシング用語-返済方式について解説します。